すきなことをいつも’s diary

コロナ感染症のために奮闘している全ての方にエールを!いつもの毎日に感謝。

抑肝散加陳皮半夏


イライラするのを抑えたくて飲んでみた

 

クラシエの漢方 「抑肝散加陳皮半夏」

 この4,5年、体力が無くなってきたからか、更年期障害の始まりなのか毎日イライラすることが増えてきていました。いつもアップアップしたところで生活していたので、子供にも当然イライラするわけで、宿題をいつまでもしないとか、夕食が出来ても運ぶお手伝いをしない、といったことでイライラが爆発して「いいかげんにして!」となっていました。

 まあ、宿題をするとか、夕食を運んだり、食べたら下げたりすることは、私がイライラするしないは別として、しなくてはいけないことなのですが、私が感情を爆発させる必要は無かったのでした。

 Googleでも「イライラ 落ち着く」とかたびたび検索し、何とかならないかと試行錯誤していました。

 

認知症のおじいさんが飲んでいた

 ある日のこと、認知症で家族に暴言がある認知症のおじいさんが服用していることをしり、認知症の症状を抑えるのに漢方が使われていることを知りました。

 もしかしたら、私のイライラに効くかもしれない!と思った私は、内科に受診して処方をお願いするか、自分で購入するかを検討し、結局自分で購入することにしました。

 一番心配なのは、勝手に素人が服用して良いのか?ということ。

調べると、虚弱な人には良くないようですが、中程度の体力がある人向けとのことで、まあまあ体力のある私は、恐る恐る服用することにしました。漢方は、体に合うとおいしく感じることが出来るらしいとインターネット情報であったので、服用したときにおいしく感じたことで少しホッとしたりもしました。

 用量は、箱に書かれていた量よりずっと少なく、一日一回朝に飲んでみました。

案外考えていたよりも即効性があり、明らかに前よりもイライラした気持ちになることが減ったのです。かえってちょっと怖いほど。

 約1か月ほど服用してみてイライラすることが減ったので、服用を中止しました。

自己判断で服用し始めた漢方を飲み続けることが怖くて出来ず、改善したので「まあいいか!」と終了。

 

やってみての感想

 漢方は効果が緩やかな印象がありますが、今回は即効性がありましたし、漢方によっては、西洋薬以上に薬効が強く、勝手に飲むと危険なものもあると聞きます。

 色々調べて、大丈夫かなと思ったので試しましたが、やっぱりちゃんと受診し専門家に確認したほうが良かったなぁと反省しています。

 気軽に受診できる病院を知らなかったせいもあるのですが。

 結論としては、試してみて満足できたのと、イライラが落ち着いたことが良かったけれど、他の方には全く勧められない経験でした。

 疲れとイライラは、最近別の方法で改善しつつあります。いつかご報告できるようになりたいです!

 

 

 

 

母の整形外科でのリハビリ~受診に行く気になるまで

新型コロナ感染症の影響もあり、家に居ることが増えているため、ますます脚力が落ちる心配があります。高齢者の方々、どのように脚の健康を保っていますか?

長年、膝の痛みを抱えている

 家には、高齢の母親がいます。

 母は長年の膝を使う仕事であったため、若い時から膝痛に悩まされていたようです。だんだん長い距離を歩くのが大変になりました。今では、恥ずかしいと嫌がっていた杖を外出時は必ず持つようになりました。

  膝の痛みに対し、サポーターを付けたり、クリームを塗ったり、マッサージに通ったり…と色々と自分なりに試していたようです。しかし病院には行っておらず、このまま受診しないでいいのだろうかと母と話し合いました。

 母は以前に整形外科に相談したとき、太ももの筋肉をつければいいんだよと言われ、「やはり病院ではできることはないんだな。」と考えていました。

 私自身も、病院でどこまで回復するのか半信半疑ではありましたが、それでもこのままでは良くないのではないかと思い、母に整形外科への受診を勧めました。

 歩けなくなって一番嫌なのは母自身だと思います。最終的には、自分のことをどうしたいのか考えてもらいました。

 

母と約束したこと

 とは言え、私は受診してほしいと思っていましたので、気乗りのしない母に勧めるため、いくつかの情報を提供しました。

  • 今度、受診を考えている整形外科は、母が以前受診した病院と違うこと
  • 初日は、一緒に受診すること
  • 受診したら、高島屋に連れていくこと

 受診先は、当然以前と異なる病院を考えました。たまたま、自分自身が別件で受診をしてよかった印象のある整形外科がありましたので、そこを勧めました。

 また、うちの母に限らず高齢になると不安が強くなったり、億劫になったりするようなので、初日の受診に一緒に行き、先生との話し合いに参加させてもらうことにしました。実際は、母は認知機能の低下はないので、私は居ただけでやり取りは母と先生で行っていました。ただ、母は少し耳が遠いので先生が何と言われたかを、一緒に聞くようにしました。

 あとは、誰でもご褒美があると頑張れるのは、いくつになっても同じで、最終兵器のご褒美作戦です。前々から高島屋に行きたがっていた母は喜んでいました。

 最終的には決めてもらった形ではありますが、結局私が積極的に勧めたのかもしれないとこの文章を書きながら思い返しています。ありがとう、お母さん。

そんなこんなで、母は整形外科の受診を承諾したのでした。

 

 

 

 

アイメイクを楽しむ

何で久しぶりにアイメイクを?

若いときはメイクにそこそこ興味を持っていましたが、段々と忙しくなるにつれ、必要不可欠な事から省き始め、最近はほとんどメイクはせずに、眉毛を描くぐらいで過ごしていました。

新型コロナウィルスの流行でマスク生活になった事を言い訳に、ますます綺麗にメイクする事から遠のいていました。

 

そんな中、窓口対応の部所に異動になりました。

窓口は色々なお客様がいらっしゃいます。

 

お客様への礼儀として、今のままではいかんのではないか?社会人として、最低限のマナーなのでは?おばさんだからを言い訳にしてはいけないよね。

 

と考えて本当に恥ずかしながら、久しぶりにメイクをしようと思ったのです。

 

自分基準のアイメイクだけど

新しい物は買わず、手持ちの物で済ませたいと思い鏡台を探ると、何年か前のアイシャドウパレットが出てきました。

マスク生活では、必然と目の化粧になりました。

アイホール全体にパレットの中の明るい色をハイライトとして入れて、全体を締めるために二重の部分に、少し色を入れます。

この時、一番濃い色は目立つので、真ん中ぐらいの濃さの色を塗ります。

 

年齢の為、少しまぶたが下ってきているので、アイホールを明るくしてあげるだけで、顔が華やかになる気がします。

マスカラも派手にならない程度に少しすると、より変化します。

年齢肌に、少し明るさを足すとぐっと垢抜けたように感じてしまいました。

人が気が付かない程度で、自分がウキウキしてシャンと出来る。何だかとても嬉しいです。

 

まとめ

化粧は、人への礼儀という目的もありますが、一番は自分の為にやるんだなぁと実感しました。

これからも、出来る限り続けたいと思いました。

 

 

 

GW明けました。

あっと言う間のGW。

どこにも行けないと思いながらも、近くのファミレスや買い物には出かけ、ぷち外出を満喫しました。

GWには、片付けしようと決意していましたが、結局ほぼ出来ずに終わり、また持ち越しになっちゃいました。

今日から、仕事。スロースタートで頑張りましょう!

鉄欠乏性貧血はどのタイミングで受診?2

鉄欠乏性貧血の治療は、薬物治療が中心です。

私は、「サワイ クエン酸第一鉄」という錠剤を始めは1日2錠を、レバミピドと言う胃薬と共に処方されました。

鉄剤は、個人差があるものの服用すると気持ちが悪くなったり下痢や便秘になる場合があり、一緒に胃薬も出すそうです。

 

今は、2日に1錠になりましたが…

初めての日のこと。鉄剤は、いつ飲んでも良いと言われたので、貧血からの脱却への期待もあり、初日に食事を満腹に近く食べたあとに、すぐ2錠いっぺんに服用しました。

案の定、気持ち悪い悪い。

自分は大丈夫だろうという謎の確信はあてならず、それから恐る恐る飲む時間を変えてみて、今では夕食後しばらくたって、空腹でも満腹でもない感じの時に服用しています。

感じ方に個人差があり、鉄剤には2種類あるそうです。それでも身体に合わない場合は、点滴に通うこともあるとの事でした。

幸い鉄剤が服用出来たのでありがたく思っています。最新のヘモグロビン値は11になりました。

 

鉄剤は、自分で適量を飲むのは難しいため貧血の疑いのある方は病院への受診をおすすめします。

 

鉄欠乏性貧血はどのタイミングで受診?

長年、健康診断で「貧血の疑いあり、要観察」と指摘されていました。
ヘモグロビン値が大体9.5位を行ったり来たりしていました。
気にはなりつつも、「要観察」なんだからこれぐらいで病院に行くのは大袈裟な感じがして、受診して医師に相談する事は全く考えていませんでした。

去年の健康診断では、初めてヘモグロビン値8.5になり、「要受診」に。
健康診断の用紙を持って、近くの内科に行きました。

その位の値だと、身体にとって良くないようで、すぐに鉄剤の点滴をされました。
明るい先生で「えぇ!」と驚いてくれて、「酸素が身体に回らないから、酷い貧血を放っておくと心臓にも悪い」と教えてくれました。

それから、鉄剤を処方され(胃薬も)服用が始まり、女性に多い鉄欠乏性貧血と診断されました。鉄剤は飲みすぎると、肝臓に悪さをする様で、身体にあう適量を探すために、何回かの血液検査もしています。

今回、鉄剤を服用してみて分かったのは、
今まで身体がキツくてだるかったのは、貧血の症状だったということです。
本気で、年を取るとこんなに身体が辛いのかと思っていたのです。 

生理の為に、女性に多い鉄欠乏性貧血。
気になる方はぜひ早めに受診される事をおすすめします。

貧血の治療をするにつれて、何となくですが、前よりもイライラする事がすこ〜しだけ減った気がします。

はじめまして。

ゴールデンウィーク半ばが終わりました。毎日天候も良く、気持ちの良い数日でした。
あまりにもウキウキしてしまい(?)、長年迷っていたブログを始める事に。
何かの背中を押してくれるのは、こんな心地良さなのかもしれません。

どのくらい書けるのか、果たして私に出来るのか分かりませんが、ブログタイトルに書いたように「好きなこと」を中心に色々書いていけたらと思います。